ワット・ポー Wat Pho


見上げると、驚くほど大きなお釈迦様の顔が

お釈迦様の足裏 触らないように!

後姿も優雅です

見事な壁画にも注目!

寄付をして(目安:20バーツ)コインをゲット

108つの鉢にコインを喜捨すると煩悩が消えるとか

ワット・ポー境内

マッサージのポーズをした石像
アクセス

BTSサパン・タクシン駅2番出口を出て、そのまま進むと船着場がある。
ホームから大きな川が見えるので、その方角なのでわかりやすい。
川の近くまで行けば船着場はすぐわかる。
この船着場の名前はCentralセントラル(またはSathornサトーン)。
待合所で待ってる人たちが動き出したら、船が来た合図。
反対方向に行く船もあるが、その場合は欧米人たちは動かない。
船乗り場の係員は英語が通じるので、わからなければ聞いて確認する。


船乗り場の手前にロングテールボート(スピードボート)の勧誘がいるが無視。
どうしても乗りたいなら、とことん金額交渉をすること。
ただし、何があっても全て自己責任ということを忘れずに。


チャオプラヤ・エキスプレスという観光客用ボートは40バーツ。
※英語ガイド有り
一日乗り放題券なら150バーツだが、そんなのは無視して来た船に乗る。
通勤通学用など庶民の足となっているボートなら14バーツで乗れる。
※2012年現在
乗っていれば、そのうち係員が料金を集めにやって来る。
降りる船着場はタ・ティアン(Tha Tien)。
船着場には、タイ語・英語・ナンバーの大きな標識がかかっている。
Tha TienはN8。
船着場の目の前はワット・アルンなのですぐわかる。
時間

8時から17時

入場料

100バーツ
※見た目タイ人そっくりで、タイ語が堪能ならただで入れる

紹介

涅槃仏を見なかったらバンコクに来た意味がない、と言ってもいいと思います。
金色に輝く巨大なお釈迦様は、圧倒的な迫力があります。
ワット・ポーは、タイ古式マッサージの総本山としても有名です。
境内には、マッサージスクールとマッサージルームがあります。
朝8時から30分間、マッサージ師とスクールの先生たちが境内でヨガを行っていて、飛び入りで参加することができます。
参加は無料ですが、ワット・ポーの入場料が必要です。

一言

今日はセレモニーで休み 」などと言って近寄ってくる詐欺師に注意。

<< 寺院観光へ戻る

ワット・ポー Wat Pho

inserted by FC2 system